マインド論

【自分の強みありますか?】

更新日:

こんばんは

今日は1戦1勝でした。

皆さんは自分の強みが何かわかりますか?


人によってさまざまなものがありますが、それを見つけることができれば

人としてかなり上に行けると思います。

なので今日は自分の強みについての話をしたいと思います。


f:id:ganahakoudai:20181022210707j:plain


【自分の強みは?】


ビジネスで話をするときに強みがないですという方もいますが、

これ一番、意味がないです。


まずは強みを見つけよう


強み発掘、強みを生かして

と言った耳障りのいい話が世の中に出回ってますが、

探さなければならない強みなんて、最初から強みはないと思います。


そして、自分の強みなんてものはビジネスには不要です。

強みとは「あるもの」ではなく、「作るもの」だからです。

ダイヤモンドが価値があるのは綺麗だからでしょうか?

違います。「珍しい」からです。


自分が価値が高い存在になるのも、

自分のビジネスの価値が高まるのも、

「どこにでもいる人や用事のない会社」ではなく、

『必要かつ珍しい存在』になるからです。


それを意図して作るということで「強み」が持てるわけです。

「自分探し」のように強みを見つける旅をしてしまうのは、

おそらく就職の面接の際に強みや弱みを聞かれたからかもしれません。


ビジネスは個人技の世界ではなく、市場に対して何をするかが全てです。

f:id:ganahakoudai:20181022210720j:plain


強みとは?


簡単にここで「強み」を定義すると、

『強みとは目的に対しての優位性』のことです。


例えば、ビジネスで考えてみましょう。

ビジネスの目的とは利益を得るコトです。


利益を得るとは、低コストで多くの売り上げを立てるコトです。

それはつまり、多くの人に利用されるコトであり、

利益の出る価格で販売できるコトであり、何度も利用されるコトです。


その利益を得るという目的に対して「強い」というのが「強み」です。


目的を成すことに対して、有利に働く要素を作るための資源を強みと言います。

低コストで行うための要素を作れる資源があるのか?

高価格で販売できる要素を用意するための資源があるのか?

顧客を引きつける要素を作れる資源があるのか?


ということであって、

情報・スキル・知識・資格・経験・人脈・お金といった「資源」そのものは、

(利益を得るための)強みには一切なり得ません。


もっと言えば、すでに商品サービスがあったとして、

その素材が日本で唯一の素材を使っていようが、

利益を得るために有利に働く要素でなければ、

強みでもなんでもないわけです。


お客さんからしたら「だから何?」で終わります。

「自然にできること」

「他者にできなくて自分にできること」など、

様々な強みの定義がありますが、

たとえ、自然にできようと、他の人ができなかろうと、

それだけではお客さんからしたら「だから何?」なわけです。


その要素が、価値に繋がっていたり、

利益を得るのにプラスに働かなければ意味がないわけです。

そのスキルや知識やお金といった資源で作られた価値をお客が求めていて、

それが他で容易に満たせるニーズではない時に、ようやく強みとなるわけです。


価値といっても、

「効果が今までより高い・今までより品質が良い」といったことだけではなく、

できなかったことができるようになった」

「不満が解消された」

といった幅広く未解決問題が解決されることを価値が高いというわけです。


強み(資源)が、効率的な組織運営と、

価値の高い市場提案に結びつかなければ、

強みとは言えません。


f:id:ganahakoudai:20181022210730j:plain


強みの作り方


では、「自分の強みや調達可能な資源を分析して、加工していこう」となりますが、

それは順番が逆です。


自分の持っているものが強みになるのか弱みになるのか?

というのは、目的(戦略)がなければ、

それが強みなのかどうかは判断できないからです。


よくSWOT分析なる、強みを分析ツールが出回っていますが、

あれは戦略を作るためのツールではなくて、

戦略に対して資源を持っているのかどうか?


戦略が実現できるかどうかのチェックをするためのツールです。

SWOT分析は、かなり間違って使われてます。


コンサルタントもすぐに使いたがりますけど、要注意ですね。

「こういうニーズに対して、こういう業態でビジネスをやるぞ」

という仮説を立てて、

それに対して、強みはあるか?弱みは何か?

脅威は何か?チャンスは何か?って

ことなので。


目的や戦略もなく、いきなり強みの分析なんてできないんですよ。


なので、最初に「この市場にこの業態でやる」という方向性を決めた上で、

強みを分析するというステップを踏んでください。

そうすることで今のやっていること、

やろうとしていることが少しでも早く成功すると思います。

f:id:ganahakoudai:20181022210904j:plain


最後に

何事においても、正しい方向へ進んでいく事が大切です。


例えば 「プ ロサッカー選手になりたい」

と思っているのに

「サッカーではスタミナやスピ ード が大切だから陸上の練習を やろう」

と言っていては、一生プ ロサッカー選手になる事はできないです。


「的外れな所で努力しても結果は出ない」

という事を意識していきましょう。


ビジネスも同じ で、多くの方は的外れな努力をしています。

時間の自由が欲しくてビジネスを始めたにもかかわらず、

対面 のアポイントをガンガ ン入れている

と言う人は典型的な例です。


時間の自由を手に入れたいと考えるなら、いかに自動化ができるか

と考えて活動をしていくべきなのです。


======================
公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 


・半年で463.72%の利益を出した
      【FX自動売買】

 
無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。
 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v

!!!無料相談実施中!!!

 

-マインド論

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.