勝つ方法「実践編」

MT4のインジケーターの使い方を教えます。

投稿日:

こんばんは

今日話す内容は取引に使っているインジケーターを

皆さんは理解して使っていますか?

わからない人もいると思うので

ざっくりとお話させていただきます。


インジケーターとは?

そもそもインジケーターとはどういうものかというと、

為替レートの様々なデータを様々な計算方法で表したもので、

それを見ることで買い時・売り時のエントリーに使うものになります。

インジケーターはテクニカル指標とも言われています。

有名なところであると

移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、CCI、MACDなど

がバイナリーでよく使われるものになります。


ただインジケーターには種類があります。

上の画像のように


トレンド

オシレーター

ボリューム

ビル・ウイリアムス

これがどういう分類なのかを説明していきます。

トレンド

トレンドにあるインジケーターでよく使われるのが

移動平均線やボリンジャーバンドや一目均衡表であると思います。

これがトレンド系になっている理由としては


単純にトレンドを表してくれるものになります。

なのでこれを使うとトレンド相場になっているところや

トレンドの強さを表してくれます。

なので相場の大きな流れというのを把握できるようになるので

あとは細かいエントリーポイントは他で見つけましょう。

オシレーター


上のところにあるのがオシレーターのインジケーターになります。

これはRSI、CCI、MACDなどバイナリーでよく耳にするものが多くあります。

オシレーターはどういうものをであるかというと


買われすぎ、売られすぎを判断できるものです。

なのである一定値になったら反発するという手法がよくつかわれています。

ただ反発するだろうと思ってかけてだましに合うこともあります。

なのでインジケーターで反発の可能性があるところをみつけたら

そこに裁量を加えることでだましを回避していきましょう。


ボリューム

ボリュームのインジケーターはあまりバイナリーでは使われないですが

どういうものかと言うと


分量などの意味があり、出来高取引量のことを意味しています。


今の相場でどれくらいの売買が行われているを

元に相場の勢いを表してくれるものになります。

トレンドで優位にトレードして行くために、

ボリューム系インジケーターを使って

トレンドの勢いを判断していくときに使う人が多いので

バイナリーよりもFX向けだと思います。


相場が活発であるかどうかを見たり

エントリーのタイミングを測ったりするものなので

インジケーターに合わせた使い方をしていきましょう。

ビル・ウイリアムス


ビル・ウイリアム系のインジケーターは

ビルウィリアムスさんが作ったインジケータです。

これは本でも書かれているカオス思考というもので使われているもので、


ビル・ウィリアムズ系のインジケータは、

売買サインを出すという人もいて、多くの人が個性的な使い方をしています

これは個人で使い方が違うので

最初は使わなくていいものだと思います。

別の記事でまた需要があれ詳しく書いていこうと思います。

インジケーターはオシレーター、トレンド、ボリュームなどを

使っての取引で十分だと思います。

そこに最後裁量を加えることで

勝率を上げれるので

インジケーターで根拠を増やして

裁量していきましょう。

======================
公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 

・日給3万円稼げる
     【オリジナルツール】

・半年で463.72%の利益を出した
      【FX自動売買】

 


無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。
 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v


!!!無料相談実施中!!!

 

-勝つ方法「実践編」

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.