必ず見るべき記事 税金対策

バイナリーの税金はどういう仕組みか徹底解説!

更新日:


こんばんは

今日は利益を出してくると

気になってくるのが税金面になると思います。

なので税金について

詳しくお話していこうと思います。


税金はどうなったら払うのか?


結構利益が出ても海外なら

ばれないんじゃないかという人もいると思いますが

しっかりと税金は払っていかないと

後から大変な目に合ってしまいます。

ではいくらから税金が発生すると言いますと

会社員など働いている場合は

20万以上の利益を出したとき


主婦、学生など働いていない場合は

38万円以上の利益を出したのとき


扶養に入っている場合は

バイト代とバイナリーの利益の合計でで103万を超えるとき


こうなった場合は税金を払う確定申告が必要になってきます。

ただバイナリー業者には

国内業者(YJFX、GMO証券など)と

海外業者(ハイローオーストラリア、トレード200など)

の2種類の業者に分かれます。

なのでこの2つによって税金の種類も変わってきます。

どう違うかと言いますと

国内業者の場合は申告分離課税

海外業者の場合は総合課税

このようになるので

税金の割合など変わってきます。

なので国内と海外での違いを

順番に話していこうと思います。


国内業者の場合


まず国内業者の場合

申告分離課税

という税金が発生してきます。

まず 申告分離課税は何?と思う人もいると思いますので

そちらからお話していこうと思います。

申告分離課税とは?


まず 申告分離課税 というのは名前の通り

税金を給与などの税金とは分離して

考えるので申告分離課税という名前がついています。

つまり、今働いている給与や株式などの収入とは

別の収入として考えるというものになります。

では一番気になっているのは税率だと思います。

国内の場合は一律で利益の20.315%の税金がかかります。


なので100万円の利益を出した場合は

20万3150円の税金がかかるということになります。

では20.315%とはどういう税金かといいますと

15%の所得税と 5%の住民税+と0.315%の復興特別所得税があり

それの合計の20.315%が税金でかかるということになります。


そして国内には海外にはない

特別にあるメリットというものがございます。

どんなメリットがあるかといいますと

1、他の金融取引との損益合算

2、最大3年間の損失繰越


この二つがあります。

ひとつずつどんなメリットがあるかと言いますと


1、他の金融取引との損益合算


まずこれがどんなことを意味しているのかというと

国内バイナリーオプションで利益だけでなく

合算して損益を考えれるものがあるということです。


それがどんなものかと言いますと

国内バイナリーオプション

TOPIX先物

日経225

CFD

などこういったものは

国内バイナリーオプションの利益と合算ができるというのが

国内業者のメリットになります。

簡単に言えばバイナリーで100万利益を出したとしても

日経225で90万の損失を出したとしたとき

バイナリーの利益から20万の税金が

発生したかに思われるのですが

日経225で90万の損失を出していたら

実質100万ー90万で10万の利益しかだしていないということになり、

税金はかからないということになります。

これがまず一つ目のメリットになります。


2、最大3年間の損失繰越


そして二つ目に 最大3年間の損失繰越 というものがあります。

これはどういうことかと言いますと

例えば1年目にー200万の損失を出し

2年目には100万の利益を出したとします。

その時皆さんだと1年目は税金はなく

2年目には20.315万円の税金が発生すると思う方も

いるかもしれませんが

そうではありません!

どういうことかと言いますと

国内では最大3年の損益繰越ができるので

2年目の税金は去年の損益と合算され

-200万+100万で

トータルするとー100万になりますので

2年目の税金はなくなります。

そして最大3年なので

来年取引したとしても前の合計損益ー100万があるので

来年120万以上の利益が出ると税金が発生する

というものになります。

ただ1年目から利益を出した場合には

しっかりと確定申告をする必要はあります。

なので損失などでた年があると

来年、再来年に合算できるので

これが国内業者のメリットになります。

海外業者の場合


では次に海外業者の税金についてお話していきます。

まず 総合課税 というものになります。

まず総合課税というものが

どういうものかと言いますと

いろいろな所得金額を合計して所得税額というものを

計算して出すものになります。

総合課税に対象になる所得税で言いますと

利子所得 、配当所得 、不動産所得、事業所得

給与所得、譲渡所得 、一時所得、雑所得


があります。

海外業者のバイナリーは雑所得に含まれます。

なので総合課税に含まれるということになります。

そして税金は先ほど挙げた所得の合計に

税率というのがかかってきます。

ただ海外の場合は所得に応じて

税率というのは変わってきますので

どのように変わるか

表にしてお話していきます。


このような金額で税率というのがかかってきます。

なので例えば

所得500万、バイナリーでの利益100万の時

(500万+100万)×20%=120万

となり

120万が税金となります。

これが海外業者の税金の支払い方になります。

これが国内と海外の税金の違いになります。

総合課税が695万を超えるまでは

国内ではなく海外口座でやっている方が

税率が低いのでお勧めします。

それ以上になる場合は

しっかりこれを見て

税金対策をしていきましょう!

最後に税金の申請方法についてお話していきます。


どこから申請する?


税金を納める方法になるのですが

アルバイトや会社であれば

紙に必要事項を書いて終わりになります。

ではバイナリーの場合はどうかといいますと

税務署に行って紙に書いて提出という方法もありますが

パソコンなどお持ちの方は

ネットから確定申告の紙をダウンロードして

郵送で提出ということも可能になります。


ネットで「E-Tax」で検索すると出てきますので

そちらで申告は可能です!

これで税金対策の話は以上になります。

税金でわからないことありましたら

ぜひご連絡ください。

======================
公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 


・日給3万円稼げる
     【オリジナルツール】

・半年で463.72%の利益を出した
      【FX自動売買】

 


無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。

 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v

!!!無料相談実施中!!!

 

-必ず見るべき記事, 税金対策

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.