テクニカル

一目均衡表を使ってバイナリーを攻略する方法

投稿日:


こんばんは

皆さんはバイナリーはどんな手法を使っていますか?

どんな手法でも勝てる方法でやることが一番ですよね。

今回は一目均衡表を使ったトレード方法についてご説明させていただきます。


一目均衡表とは?


一目均衡表を作った人は日本人の細田悟一という方が作りました。

名前は細田のペンネーム 一目山人というところから名づけられたそうです。


一目均衡表で現れる線などをまずは上の図を使いながら

一つずつ説明したいと思います。

基準線とは


直近のロウソク足26本分の高値と安値の中間を表す線ですが、

ゆるやかに動くことが特徴で、

相場が上昇もしくは下降傾向なのかを把握するのを

基準線を見たりします。

上昇であるのか下降であるのかを基準線の傾きと

ロウソク足との位置関係で判断することができますが、

基準線が上向きに動いている状態でロウソク足が基準線よりも

上側に位置していれば上昇傾向が強いとわかり。

逆であれば下降傾向が強いと言えます。


なので移動平均線の中期のような役割を果たします。

転換線とは


直近のロウソク足9本分に当たる高値と安値の中間を表す線です。

基準線が中期的な動きをするのに対し

転換線は短期的な動くものとなります。


考え方は基準線と同じで、


よりローソク足と同じ動きをするので転換の動きを知ることができます。

なのでこれを移動平均線の短期のような役割のものになります。

遅行線とは


終値を26日過去にずらしたものを表した線になります。

遅行線がロウソク足よりも上側に位置している場合であれば上昇傾向が強く、

逆であれば下降傾向が強いと判断します。

遅行線も過去に移動してある点であるため

時間を意識した値動きの予測が可能となります。

雲とは


先行スパン1と2にできるものを雲と言います。

先行スパン1とは基準線と転換線の中間値をロウソク足26本分に

未来にずらしている線となります。

先行スパン2は直近のロウソク足52本分に当たる高値と安値の平均値を

ロウソク足26本分未来にずらしている線となります。

これでできた間のシマシマのところを雲と言います。

雲を抜けるとトレンドが出やすいといった性質が見られます。


また、雲の厚みがある雲を抜けるほど

強いトレンドになる傾向があると言われています。


その5つを使ってトレードする方法についてご紹介しようと思います。

どういうポイントでエントリーする?


三役好転と三役逆転といわれるところで

エントリーするものになります。


三役好転とはどういう条件かと言うと


1、ローソク足が雲を上に抜けたところ

2、転換線が基準線を上に抜けたところ

3、遅行線がローソク足に上に抜けたところ

上の図のように3つの条件が

揃ったところでエントリーをするというものになります。

ここでは上昇トレンドが形成されると予測できるので

HIGHにエントリーするというものになります。


逆に三役逆転とはどういう条件かと言うと


1、ローソク足が雲を下に抜けたところ

2、転換線が基準線を下に抜けたところ

3、遅行線がローソン足を下に抜けたところ

これも上の図のように3つの条件

揃うと三役好転とは逆になるので

下降トレンドを形成されると予想できるので

LOWにエントリーするというものになります。

やっていってあとは相場を見れるようになったりとか

裁量を加えることでさらに勝率も上げれると思いますので

ぜひ試してみてください。

======================
公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 

・日給3万円稼げる
     【オリジナルツール】

・半年で463.72%の利益を出した
      【FX自動売買】

 


無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。
 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v


!!!無料相談実施中!!!

 

-テクニカル

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.