テクニカル

通貨の特徴を知ることで勝率アップ

投稿日:

こんばんは

金曜日の戦績を載せさせていただきます。

1戦1勝でした。

利益は42,500円でした。


今回話す内容はトレードする際に決める通貨の特徴というのを

今日は話していきます。


今回話す通貨ペアは

ハイローオーストラリアで5分取引でできる通貨ペアになります。


USD/JPY

EUR/USD

GBP/JPY


の3種類について話していきます。

まずは通貨の見方は?


USD/JPYのように表していますが

どういう意味になるかと言いますと

左側の通貨を基軸通貨といって購入する通貨になります。

右側を決済通貨といって、売り買いに使われる通貨になります。


なのでUSD/JPYを買うとなると

JYPを売ってUSDを買うという意味になります。


上の図のように左がUSD/JPY、右がEUR/USDになるのですが

それぞれのチャートの右側の数字が売られるのレートが載っているので

右は日本円のJPYの表示で左がドルのUSD表示になっています。

それが売る通貨の値段になっています。

では通貨の特徴を話していきます。

USD/JPYはどういう特徴?


このドル円というのが一番定番の通貨ペアです。

このペアは一番情報も多く、流通量も多いので

初心者にはおすすめといえます。

一番相場も見やすいのでお勧めだといえます。

穏やかな感じが多いのでレンジになることが多く

逆張りにはお勧めだと思います。

朝から昼に取引するなら相場が穏やかなのでお勧めです。

EUR/USDはどういう特徴?

これは2番目に取引量が多い通貨ペアになります。

これはロンドン市場、ニューヨーク市場にかなり左右されますので

夕方から夜にかけてはかなり相場が動くようになります。


それに加えて指標で影響を受けるので

USD/JPYと比べたときにトレンドになるときが多いので

逆張りより順張りでの方法がいい時があると思います。

GBP/JPYはどういう特徴?


これはドル円、ユーロドルに次いで取引量の多いものになります。

国の政策金利に敏感で経済指標で発表される内容によっては

大きく値動きが左右されることもあります。

特に取引量が多くなるのは、まず、17時から18時前後の時間帯です。

英国の主要な経済統計の多くが17時30分に発表されるからです。

それから、ユーロ-米ドル同様、

ロンドンとニューヨークの市場取引の重なる22時〜25時前後にも、

取引量は急増します。

取引量が多いと、特に値動きが激しくなりますので、注意が必要です。

他にもまだ種類はありますが

まずは取引量の多い通貨で動きなどを把握してやってみましょう。


そこから他の通貨でもできるようにしていけばいいと思います。

他の通貨の特徴も知りたい場合はライン@に連絡ください。

教えます。

======================
公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 

・日給3万円稼げる
     【オリジナルツール】

・半年で463.72%の利益を出した
      【FX自動売買】

 


無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。
 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v

!!!無料相談実施中!!!

 

-テクニカル

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.