テクニカル

簡単逆張り手法をご紹介

更新日:


こんばんは

今日は誰でもできる

簡単な手法について

お話していこうと思います。


YouTubeにて動画でも

手法をご説明しているので

動画で見たい方は

こちらをご覧ください!

⇓   ⇓   ⇓   ⇓




どんな手法か?


まずどういったインジケーターや

エントリーをするのかを

ご紹介します。



まず上記の画像をご覧ください。

そちらが使うインジケーターなどになります。

インジケーターは

ボリンジャーバンド2シグマ、3シグマ

CCI、RSI

こちらになります。


設定についてまずお話していこうと思います。



まずボリンジャーバンドは上記にも

表記してありますが

赤色がボリンジャーバンド2シグマ

黄色がボリンジャーバンド3シグマになります。


期間はどちらも20になります。

そして偏差が赤色が2、黄色が3になります。



次にCCIになります。

こちらは期間が14にしてあります。


レベル表示はもともと100、-100

になっていると思いますが

200、-200を追加します。


100、-100は

今回説明のために入れているので

消していただいても構いません。


そして最後のインジケーターは

RSIになります。


期間は7になります。

レベル表示としては70と30にしてあります。


こちらが3つのインジケーターの

設定になります。


1、ボリンジャーバンド
     期間20、偏差2
     期間20、偏差3

2、CCI
     期間14、レベル表示200、-200

3、RSI
     期間7、レベル表示30、70


こちらを参考に入れていただければと思います。


では次に取引方法について

お話していこうと思います。

エントリー方法は?


まずハイエントリーの

ポイントからお話していこうと思います。



縦線があるところが

エントリーポイントになります。


インジケーターとして

まず見るポイントは


CCIがー200以下になった時

RSIが30以下になった時

こちらが揃ったとき

ハイエントリーのタイミングになります。



次にローエントリーについて

お話していこうと思います。


インジケーターの

見るポイントとしては


CCIが200以上になった時

RSIが70以上になった時

この条件が揃ったとき

ローエントリーのタイミングになります。


これが基本的な

エントリータイミングになります。


ただインジケーターの

ボリンジャーバンドは何に?と

思う人もいると思います。


ボリンジャーバンドを入れることで

バンドウォークを

見分けるために使っています。


他にも2シグマに

タッチしているかも

見たりもします。


ただ何度も言っていると思いますが

インジケーターだけでは

勝つことができません。


なのでインジケーターの条件

にプラスして

過去の相場分析

上位足の確認

経済指標の確認

などを確認していく

必要があります。


そちらは今後

YouTubeで

相場分析などを

話しながら

トレードする動画を

出していきますので

そちらをぜひご覧ください。


YouTubeはこちら

⇓   ⇓   ⇓   ⇓



質問などあれば

ぜひライン@に

お問い合わせください!

=====================

公式ライン@にて
 【誰もが単純明快に稼げる方法】を配信しております。
 
今、最先端情報配信クラブに登録すると
 


・日給3万円稼げる
     【オリジナルツール】


・利率200%
      【自動売買】


無料でプレゼント致します。
 
人数限定なので
   早めに受け取って特典の良さを実感してください。

 ⇒https://line.me/R/ti/p/%40rln3546v

!!!無料相談実施中!!!

 

-テクニカル

Copyright© バイナリー最先端情報配信クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.